【2019年度】低価格イヤホン売れ筋ランキング評価レビュー比較まとめ

快適ライフ
スポンサーリンク

どこかに外出する際、音楽を聴くとき、、イヤホンを使ってますか?使い勝手の良いイヤホンで質のよい音を楽しみたくないですか?

質の良い音、ノイズキャンセルで聴くことにより、生活感が劇的に変わる可能性もあるはず。ワイヤレスならば、なおさらです。

そこで、Amazonの売れ筋ランキングの全レビュー結果をまとめました。順位はしょっちゅう変動するし、全商品は厳しいので、まずは2019年10月下旬以降のある日のTOP上位から、そこそこのレビュー件数で、かつ、評価の高い商品を選定していきます。随時追加したいと思います。

実際に購入して使ってみたユーザの生の声が最も信憑性がありますよね。中にはあまり役に立たない情報もありますけどね。

具体的に記載のある有効性の高いポジティブな書込ネガティブな書込メリットデメリットがわかりやすく伝わるよう、なるべく簡潔にコンパクトにまとめました。

売れ筋商品には確実に何か魅力的な理由があるはずです。それぞれ違う魅力が必ずあるはずなので、その違いを見出すことができれば自分にとって満足できる商品にきっと出会うことができるでしょう。

また、現時点の情報になりますが、全レビューテキスト参照や動画があるレビューへのリンクも可能にしましたので、より詳細な内容を知りたい方は確認してみてください。

どの商品が一番ハマるか悩んでいる方にとって、購入の判断材料になれば幸いです。


オススメ商品の評価レビュー・口コミ・動画から良い点、悪い点を比較

当ページはAmazonの売れ筋ランキングである時点で上位にランクされた商品の全レビュー結果を抽出し、要約してまとめています。

なるべく「なぜ良いのか」「なぜ悪いのか」など、具体的な根拠がわかる実際のユーザの生の声を選定してます。

気になる商品がありましたら、各商品のレビュー内容からメリット、デメリットを見出し、比較して参考にしてくだされば幸いです。

たとえ格安商品でもきっと満足度の高い商品に出会える可能性も大いにあり得ますので、まずはいろんな商品の特性を理解し、良い点と悪い点を比較しまくることをオススメします。

当ページにて全レビュー結果も参照可能です。(ある時点の結果になりますが)

気になる問題点やお悩みについて、もしかしたら既に同じように感じたユーザもきっといらっしゃるかもしれません。ぜひ、テキストを検索して参考にしてみてください。

また、レビュー動画リンクも載せていますので、視聴して使用感を確認してみましょう。

売れ筋商品は随時追加していきたいと思います。当ページに気になる商品がない場合は、下記の売れ筋ランキングからお探しください。


Amazon イヤホン の 売れ筋ランキング

Amazonランキングは、ほぼリアルタイム(1時間ごと)で更新されるため、当ページで紹介している商品はランキング外となっている可能性は大いにありえますが、確実に上位にランクしていた商品になりますので参考にはなると思います。


OKIMO Bluetooth ワイヤレスイヤホン

Amazonレビュー3141件 ★4.4 (2019年10月下旬時点)

Amazonの取扱開始日から数か月しか経っていないのにこのレビュー数、8割以上が★5と★4の高評価は異常ですね。とても使いやすく、コスパ良し!音質良し!重低音高音ともにバランスの取れたイヤホンです。

OKIMO Bluetooth ワイヤレスイヤホン 全レビュー結果テキストで詳細な情報を確認

すべての細かい意見はまとめきれないので、実際にどんな記載があるか全部知りたい方はレビュー内容のみを全部載せたテキストをアップロードしておきます。

気になるキーワードで検索して調べてみてください。実際に使用する上での悩みの解決にも役立つかもしれません。★5→★1の順に記載してます。

OKIMO Bluetooth ワイヤレスイヤホン レビュー動画で具体的に商品イメージを掴もう

動画を公開しているレビュアーの方もいらっしゃったので、リンクを貼っておきます。視聴して実際の使用イメージを沸かせてみてください。

実際の使用動画リンク一覧
No動画リンク備考
1初Bluetoothイアフォン!オススメ!
2予想以上の品
3デザインや、イルミが最高!
4美しい製品
5この価格帯でこのクオリティ
6コストパフォーマンスが良く。ストリングスの音楽が最高に良い。
7LEDデジタル表示がカッコいい❗
8音がいい✨
9質感がいい。
10残量表示が最高に良い
11使いやすく、優れた品質
12スマートなイヤホン
13良いイヤホン

OKIMO Bluetooth ワイヤレスイヤホン 各カテゴリ評価毎のレビューコメントまとめ

全レビュー記載内容をいろんな観点でまとめました。

デザイン・フィット感 ・・・ 見た目のよさ、質感、装着したときのフィット感など
ポジティブな書込
  • 令和最新版に相応しい超最先端な見た目。スタイリッシュなデザイン。
  • 見た目がオシャレ。スマート。黒に緑のLEDライトがかっこいい。ケースのデザインもかっこいい。
  • 充電残量のメーターがイヤホンの点灯色と同色で統一感があり、デザインへのこだわりが感じられる。
  • 値段に対してとても高級感があって良い。ハイテクさを感じる商品。近未来的なデザイン。
  • 装着感は軽く、付けていることを忘れてしまうほど、フィット感が良い。耳に馴染む。ランニングをしても落ちない。
  • フィット感と密閉感がしっかりしており、まず外れて落ちることはない。着け心地も良い。
  • 耳が小さいのでフィットするか心配していたが、一番小さいイヤホンカバーでピッタリ。
  • つくりや素材の質感はかなり良い。高級品に感じた。
  • 軽いし、サイズも丁度よくて長時間の使用でも耳が痛くならない^^
ネガティブな書込
  • 見た目がごつい。
  • 2種類のゴムカバーが付いてるのですがゴワンゴワンして耳に馴染まず…
  • イヤーピースが5・6種類あり、全て試したが、自分の耳にはフィットしなかった。
  • 大きいので耳から飛び出て格好悪いし、丸いので掴みづらく耳から外す際に滑りやすい。

デザインがかっこよく、黒を基調にし、緑のLEDライトがスタイリッシュという意見がとても多いです。低評価の声は一切ないに等しいです。デザインに惹かれて購入した人も結構いるようです。軽くてフィット感も抜群ですね。耳の大きさは人によって違うでしょうが、大抵の人に合うサイズが用意されているようです。

音質 ・・・ 音質の良さ、高音/低音
ポジティブな書込
  • 低音、高音が強調されることなく、バランスの良いクリアな音質。
  • 中音・高音重視の方にお勧め。
  • 音飛びや音ズレもなし。語学の勉強にも問題ない。
  • Bluetoothイヤホンなのでそこまで音質に期待はしていなかったが、有線を使用していた時と変わらず、良音質で音楽を楽しめる。
  • 今まで1万円代のワイヤレスイヤホンを使っていたが、違いがわからないくらい音質がいい。
  • 音楽関係の仕事をしており、音質にはシビアな方だが、低音が生き生きとしていてとても聴きやすい。
  • 音質は同価格帯のワイヤレスイヤホンの中でもズバ抜けている。
  • 音も遅延が少なく、ノイズも少ないと感じる。低音はそこまでだが、普段聴く音楽やラジオは問題なく聞こえる。
  • 低音は弱いが、スネアドラムやボーカルがクリア。
  • 音質は8千円ぐらいの有線イヤホンと同じぐらい。
  • ソニーの2万円フルワイヤレスとあまり違いが感じられない位、良い音だった!低音も高音も出ているし、一切途切れない。
ネガティブな書込
  • dtmとか音の一つ一つを楽しんで聴いている方にはお勧めできない。
  • 低音は全く響かず、高音は割れる。
  • 重低音感がかなり弱い。iPhone純正イヤホンより悪い。
  • 高音はこもった音、低音には芯がないように感じる。
  • 音質が低音のての字もなくガッカリ。昭和のWALKMAN音。
  • 重低音がめっちゃ欲しい!重低音の曲が聞きたい! という方にはあまり向いてない。有線の方が重低音はどっしりとした感じがする。

音質は特にこだわりが強い人ではなければ全然問題ないようです。高評価の意見が圧倒的に多いです。強いて言えば低音があまり出ていないという声が多いでしょうか。少数ではありますが、中には音質が悪いという声もちらほらあります。初期不良ですかね。。。

使いやすさ ・・・ 操作・設定のしやすさ
ポジティブな書込
  • 操作がシンプル。低コストな割に操作も簡単で使いやすい。
  • 接続も簡単。日本語の説明書で使い方もわかりやすく、軽くて取り回しもいい。
  • スマホをいちいち開かずに、イヤホンを触るだけで音楽の再生/停止、スキップが出来るところがとても便利。
  • 複雑な設定は一切なく、イヤホンを取り出せば、スマホの本体設定で、すぐに接続することができ、難しい操作もない。
  • ワイヤレスイヤホン初めてでも簡単にペアリングすることができた!一回ペアリングすると、次から使うときはイヤホンを取り出すだけで良いのでとても便利。
  • 音質がすごく良くて、しかも防水でこの価格だったのですごいお買い得。
  • iPhone(ES)との相性もばっちりで、スイッチを入れただけで接続完了しました、みたいな簡単さ。
  • ペアリングも自動で簡単、電話の着信や音量操作などができ、イヤホンを外さなくて済み便利。
  • オン・オフ、曲の戻し・次の曲、音量の強弱、siri、全て問題なくできた。
  • LEDでの状態確認、イヤホン本体部でのタッチ操作(ポーズ、曲送り、音量調整)など簡単で使い易い。
  • 本体がモバイルバッテリーとしても使用出来る!
  • 電池の持ちがよい。バッテリー残量が一目で分かるのが何より良い。
  • 防水もついているので、トレーニング中や雨でも使いやすい。
ネガティブな書込
  • 1回タップ、ダブルタップ、2秒長押し、3秒以上長押しの4種類の操作があるが、感覚的にタッチパネルの正確な場所を押すには慣れが必要。
  • 説明書に詳細な操作方法(片耳の時の操作など)が載ってない。
  • タッチする部分の感度が高く、面積の殆どがそれなので、軽く触るだけで勝手に曲が流れたりして操作しにくい。使用中ずっと光が点滅してるのも格好悪い。
  • 触れたりするだけでワンタップとして機能するのは問題。落ちそうだとかゆるいとか耳を描く時に触れたらワンタップ。ちょっとしたことで触れて誤操作されるのでストレスを感じる。
  • スマホのバッテリー機能はおまけ程度。

ペアリングも簡単で各操作も使いやすい、という評価が多いですね。感度が敏感すぎて使いにくいという意見もありましたが、慣れの問題だと思います。それにしても、モバイルバッテリーとしても使えるのは超絶便利ですね。

外音遮断性・音漏れ防止 ・・・ 外の音を遮断するか、音漏れを防止するか
ポジティブな書込
  • 周りからの遮音性もイヤホンにしては高レベルで、集中して自分の世界に入り込むことができた。
  • 外のノイズも殆ど聞こえないので、音楽の世界に没入できる。
  • 両耳着用し、ボリュームを大きくしていなくてもノイズは聞こえない。
  • ノイズキャンセルも良いので、歩きながら音楽を聞いていても、周りの音が気にならない。
  • 全くノイズが無く、Youtube視聴に毎日使用。
  • 大音量で音楽を聴くため、今までは音漏れが激しかったが、これに変えてから一度もない!
  • Bluetooth5.0なのでデータ伝達も早く遅延やノイズも少ないのでスムーズ。
ネガティブな書込
  • もう少しノイズが消えたらいいなぁとは思うが、許容範囲内!
  • ノイズキャンセリングはきいているのかよくわからない。
  • 真ん中のサイズだとタイトで音がこもって聞こえ、小さいサイズだと遮音性が非常に低いように感じられた。
  • 音を大きくするとジャリジャリガチャガチャノイズが。。。

遮音性が高く、音漏れも少ない印象です。イヤホンは周りを気にせずに没入できるか、はとても重要なポイントですね。

その他 ・・・ 購入の決め手、サポート、耐久性、など
ポジティブな書込
  • PSE認証があるのが決め手の一つ。
  • 決め手は充電状態が%表示されイヤホンの充電も表示される機能があること。充電ケース電池大容量。3500MAHある。
  • 充電が持つこと、通信が安定していること、軽い(コンパクト)ことがポイント。
  • 充電ケースもコンパクトで、イヤホンもとても軽い。イヤーピースのサイズが数種類あるのも良い。
  • 付属のポケットサイズ充電ケースを使えば、60回分のフル充電ができ、更に約125時間ご利用することができる。(^^)
  • 耐久性は、よほど手荒に扱わない限りは壊れる心配はないと信じている。
  • これからバッテリーや耐久性など見ていく事になるが、1年保証という事もあり、それなりに製品に対し品質に自信があると思われる。
  • カスタマーサポート体制がしっかりしていて、買った心地が非常に良い!
  • 故障した時のOKIMOの対応が良くて驚いた。値段なども考えてもこんな良い商品なかなかないと思う。
ネガティブな書込
  • ケースからイヤホンを取り出しづらくて、両耳モードにならないのか、左側しか音が出ないことがよくある。両方の音が出たとしてもノイズが発生したりするので不良品?
  • ケースが重く大きいので、ポケットに入れると凄く邪魔。
  • 一度落とした(ケースではなくイヤホン本体)だけで故障。。。

やはり充電の%表示は超絶便利そうですね。耐久性についてはまだわからないですが、気になっている人は結構たくさんいました。初期不良かはわかりませんが、既に故障してしまった人もいるようでした。ですが、サポートの対応はとてもよいようです。


Anker Soundcore Liberty Neo 【第2世代】

Amazonレビュー202件 ★4.2 (2019年10月下旬時点)

当商品も8割以上が★5と★4の高評価です。完全ワイヤレスで防水機能もあり、耳から外れにくく、Bluetooth5.0搭載。低音好きにオススメのコスパのよい商品です。

Anker Soundcore Liberty Neo 全レビュー結果テキストで詳細な情報を確認

すべての細かい意見はまとめきれないので、実際にどんな記載があるか全部知りたい方はレビュー内容のみを全部載せたテキストをアップロードしておきます。

気になるキーワードで検索して調べてみてください。実際に使用する上での悩みの解決にも役立つかもしれません。★5→★1の順に記載してます。

Anker Soundcore Liberty Neo 各カテゴリ評価毎のレビューコメントまとめ

全レビュー記載内容をいろんな観点でまとめました。

デザイン・フィット感 ・・・ 見た目のよさ、質感、装着したときのフィット感など
ポジティブな書込
  • デザインはスタイリッシュ、かつ、大人でも持ち歩きして恥ずかしくない。
  • ケースは表面ツルツルで、色は光沢のある黒。輝いていてとても綺麗。
  • マットな素材感がかっこいい。ケースも高級感ある。
  • 外観、サイズ、デザインは前世代モデルとほぼ変化無しで、洗練された小型デザイン。
  • イヤーピースが4つ、フックが左右3つずつ付属しているので、自分にあったイヤーピースにすればすごく外れにくくなる。首を左右に振ったくらいじゃ外れない。めちゃくちゃフイット。
  • 耳にフィットして長時間使用しても痛くなったりも無い。
  • フィット感、運動に向いているかについては◎。食事中に付けているとアゴが動くため、イヤホンが外れる感覚があるが、落ちるとまではいかない。
  • 普通に歩いたりする分には大丈夫なくらいにはフィット。
ネガティブな書込
  • 装着感が若干ゆるい感じ。

デザインに関するレビューは比較的まだ少ないですが、フィット感は全く問題ないようです。低評価の書き込みは一切ありませんでした。

音質 ・・・ 音質の良さ、高音/低音
ポジティブな書込
  • 音質は低音域が結構強調されていて、ベースが前に出てる感じ。安っぽいという感じが全くしない。
  • ヴォーカルやギターの響きが美しく、低音から高音までバランスよく鳴らしてくれる。
  • とにかく重低音が好きな方におススメ!低音が綺麗に鮮明に響いてとても良い感じ。
  • iPhoneに付属してくるイヤフォンよりは音質というより遮音性が高く音楽を聞いていて楽しい。
  • 音飛びや途切れることもほとんど無く、快適。
  • 音質は、2~3万円代のソニーのワイヤレスイヤホンと比べると劣っているかもしれないが、この価格で高音~低音まで、ハッキリと聞こえるのは凄い。
  • 一番気に入ったのは音質で。テンションあがりっぱなし笑。特に低音を強調するEDMなどのクラブ系音楽はドはまり。
ネガティブな書込
  • 高音域の伸びはあまり感じられない。
  • 低音ばかり鳴ってて中高音域がこもって聞こえる。クリアな高音を鳴らす歌い手が好きな自分には致命的。
  • 中高音が若干ハッキリしないのが改善点。
  • 5000円台の有線イヤホンの音質とは比べ物にならない。

バランスがよいという意見もありますが、低音寄りの意見が多いでしょうか。低音がよい、低音が強め、という声が多いように感じられました。低音好きには大きなポイントですね。

使いやすさ ・・・ 操作・設定のしやすさ
ポジティブな書込
  • 今までのワイヤレスイヤホンは手元でスイッチする等の操作が必要だったが、それがなくなって利便性が高くなった。
  • ケースを開けただけで一度接続しておけばすぐに繋がる。ペアリングも素早く、何のストレスもなし。
  • 防水性能もしっかりしているので、トレーニング中には必須のアイテム。シャワー浴びながら使っても壊れない。
  • 通話は外で使うと風の音も拾うが、声もしっかり拾えているようで満足。
  • 使い回された自動音声ではなく、おそらく自社専用の効果音で接続やペアリングを知らせてくれる。
  • 3ヶ月くらい使って一度も接続エラーは無かった。
  • 安価ワイヤレスイヤホンによく見られる「リダイヤル機能」が撤廃されている。うっかり指が触れて電話をかけ直してしまう事故がなくなる。
  • 右耳用・左耳用それぞれ1つのボタンがあるが、押した感じや操作性は悪くない。
ネガティブな書込
  • 曲送りが1曲ごとにできない(10曲以上飛ぶ)のと、イヤホンで音量調節ができないのが不満。特に曲送りに関してはイライラするレベル。いちいち本体で操作しなければいけないのなら、ワイヤレスのメリットは半減。
  • 送る、戻るの操作が本機でできるが、1秒ボタン押さないといけない。
  • ボタンが硬いため、走りながらだと上手く操作できず、誤作動が頻発。
  • 基本音量がデカいのかスマホの音量を最小にしてもうるさい。
  • AirPodsのように耳から外すと音楽が停止する機能はない。
  • ゲーム等で若干の遅延が気になる。

操作性については概ね使いやすい、という意見が多いですが、不満な点で目立ったのが、イヤホンのみでの音量調節ができないところですかね。使い勝手を重視する人は考慮してください。

外音遮断性・音漏れ防止 ・・・ 外の音を遮断するか、音漏れを防止するか
ポジティブな書込
  • 遮音性はなかなか良い。ホワイトノイズもドンシャリ感もなくとても良い。
  • ノイズキャンセリング機能が付いていない割にはイヤホンの密封度が高いため、外の雑音が軽減されているのも大きなポイント。
  • AirPods と比べて遮音性が高い。
  • フィットするイヤーピースを装着すれば音漏れの心配はないハズ。
ネガティブな書込
  • 遮音性は大したことない。

ノイズキャンセリング機能はないようですが、なくても特に不満の出るレベルではないようです。あまり気にしてないという人が多かったように感じました。

その他 ・・・ 購入の決め手、サポート、耐久性、など
ポジティブな書込
  • 値段相応以上。何かをしながら聴くという上でのワイヤレスイヤフォンとしてはコスパ◎。
  • アンカー製はレビューなどで信用できるメーカーだったので安心。
  • 価格が安く、雑誌モノクロでもS評価だった為、購入に踏みきった。
  • さすが充電機器のAnkerといったところ。充電はやいし、持ちもよい。
  • ケース側の充電容量を示す3つのLEDがあり、ケースを開くと残りの容量に合わせてLEDが光る。
  • バッテリーに関しては、1日平均3時間未満の使用で困ったことはない。
  • 映画2本フル(3.7時間ぐらい)で観てもOFFにならなかったのでバッテリーの持ちもそこそこ。
  • サポートも日本なので安心。サポートの対応は良い。
  • このクオリティで5000円以下とか、ほんとにあり得ないと思う。
ネガティブな書込
  • Anker製のワイヤレスイヤホンは不良品が大変に多い印象。片耳だけ充電できない、電源が勝手に入る、などの不具合。。。
  • 女性の場合、耳に装着すると横幅(イヤホンの見えてる部分)が割と大きく感じるかも。
  • 充電残量を確認するのにケースの蓋を開けないとならないので、ちょっと不便に感じるかも。

やはりモバイルバッテリーや急速充電器などのメーカーで有名なアンカー製ということで安心という声が多いですかね。サポートの対応もよいようです。


JPRiDE 完全ワイヤレスイヤホン TWS-520

Amazonレビュー696件 ★4.2 (2019年11月上旬時点)

何よりも安心の日本製。手軽で遮音性に優れていて、バッテリーの持ちもよく、総合的にバランス良くまとめられたとてもよい商品です。

JPRiDE 完全ワイヤレスイヤホン 全レビュー結果テキストで詳細な情報を確認

すべての細かい意見はまとめきれないので、実際にどんな記載があるか全部知りたい方はレビュー内容のみを全部載せたテキストをアップロードしておきます。

気になるキーワードで検索して調べてみてください。実際に使用する上での悩みの解決にも役立つかもしれません。★5→★1の順に記載してます。

JPRiDE 完全ワイヤレスイヤホン レビュー動画で具体的に商品イメージを掴もう

動画を公開しているレビュアーの方もいらっしゃったので、リンクを貼っておきます。視聴して実際の使用イメージを沸かせてみてください。

実際の使用動画リンク一覧
No動画リンク備考
1スタイル、色、音 が アメージング

JPRiDE 完全ワイヤレスイヤホン 各カテゴリ評価毎のレビューコメントまとめ

全レビュー記載内容をいろんな観点でまとめました。

デザイン・フィット感 ・・・ 見た目のよさ、質感、装着したときのフィット感など
ポジティブな書込
  • デザインは洗練されていてスタイリッシュ。ロゴがイケてる。
  • コンパクトかつ軽量で、装着感も良い。
  • 黒塗りつや消しのボディで高級感があり、とてもしっかりしている。チープ感は一切ない。
  • 見た目はマット基調の黒オシャレでなかなかカッコイイ。イヤピースも様々なサイズのものが4種類ほど入っている。いざ付けてみて軽くて違和感なし。
  • ハイウッドの近未来系映画であるような感じのデザインでクールでお気に入り。
  • カナル式でありながら形的に内耳にフィットするように作られており、通勤中にも抜け落ちない。
  • 装着感や重さなど気にならず、移動の2-3時間着けていても痛くなったりしない。
  • 筋トレ中に使用してるが、脱落することもない。少しくらい激しい運動でも落ちる事はない。
  • ジェットコースターに乗っても落ちないであろう耳に吸い付くようなフィット感は最高。
  • 本体と容器の大きさはエアーポッズと同じくらいでコンパクト。
ネガティブな書込
  • 中国製みたいにデザインに派手さはない。
  • デザインは悪くはないが、素材のプラスティックがチープだという印象を受けた。
  • イヤホンのフィット感は微妙。
  • イヤーピースがどうにもスカスカでフィットしない。

デザインはとても高評価です。派手さがないのが逆に良いようです。値段以上に高級感があるという声が多いですね。フィット感も概ね問題なさそうです。耳の大きさは個人差がありますが。

音質 ・・・ 音質の良さ、高音/低音
ポジティブな書込
  • 低音が良い!!!!イヤーパッド変更でかなり音質が変わるので、ためしてみるのもあり!期待をいい意味で裏切られた良品。
  • 低音がやや強調されている感じがするが、高音がうもれているわけではなく、いいバランスで曲を楽しめる。低音!高音共に音割れもない。
  • 変に低音を盛ったりしないバランスの良い音がする。
  • YouTube動画などイコライザが変えられない音でも、ベースやパスドラムの低音がしっかりなっていい。
  • 高音域、中音域より若干低音が少し強めの印象をうけたが、個人的には低音の強い曲が好きなので、どストライクな音質。
  • 中高音がうるさくなく、低音がやや強め、EDMなどを聴いた時に音が混雑せず高音も低音も綺麗に聴こえる。
  • 無駄に低音をブーストしてなくてクリアで、音圧感が素晴らしい。
  • 低音強めなイヤホンは好きではないが、そんな私でも心地良い低音で驚いた。
  • 今まで使っていた有線やBluetoothのイヤホンよりは群を抜いてよく聴こえる。
  • 高音も耳に刺さるようなきつさがなく、長時間聴いても疲れないような気がする。
  • 迫力ある重低音で聴くロック系にはバッチリ。
ネガティブな書込
  • 高音はこもったような音がする印象。
  • 特定の高音域で一瞬音飛びがあるため、音にこだわる方は合わないかも。
  • 2万円代のコード有りイヤホンと比べると流石に高音域の音質は劣っている。
  • 中高音が全然聴こえない。ベース音ばかりが強調され、かといってバスドラの音域もほとんど聴こえないので重低音の爽快感もなし。
  • 音はそこそこだけど、重低音はそうでもないフラットな感じ、最大音量でも音が小さい。

音質に関しては高評価が多いです。良くも悪くも低音に関する意見がやや多い印象ですかね。バランスが良いという声も多いです。好みが分かれるところですね。

使いやすさ ・・・ 操作・設定のしやすさ
ポジティブな書込
  • イヤホンのタップ操作は地味に良い。
  • 接続も操作性もとても簡単だし、スマホを置いたまま部屋を出ても割と大丈夫なぐらいは離れても問題無い。
  • 自動ペアリングやタッチ操作が非常に便利。ペアリングも開いたら勝手にしてくれる。
  • 取り出してから接続するまでは非常にスムーズで遅延とかも感じずストレスフリーに使える。
  • 接続は滅茶苦茶安定している。
  • イヤホン部分のタップ操作がまだ慣れないのと、音量調整が出来なくなったが、スマートウォッチで再生・停止・曲送り・戻し・音量は操作できるので全く問題なし。
  • 音量操作は左耳2回タップでsiriなどのアシスタントを起動して「音量あげて」で可能。
ネガティブな書込
  • 見た目、性能共に申し分ないが、音楽停止時にライトが点滅するのが鬱陶しい。
  • 不満点は、タッチ操作。ボタンが大きい為、イヤホン装着時に少し長い時間イヤホンに触れ続けると巻き戻し、または早送りの操作が行われてしまうのは難点。
  • タップの操作はタップが上手くできてないのか反応が鈍いのか、うまくいかないときがあるので基本スマホ操作で行っている。
  • 唯一の不満点は、操作性が悪いこと。音量の変更などはできない。次の曲に移る場合は、右側を2秒押し。ダブルタップが効いているのかがよくわからない。
  • ボタンの感度が高いのか手のひらに乗せているだけで電源がOFFになったり誤動作をおこす。
  • 一番問題なのはタッチ操作。タッチパネルに触れていないのに音声が一時停止することがある。汗でタッチパネルがおかしくなるらしい。

操作性、タッチ操作に関しては賛否両論あるようです。シンプルで使いやすいという声は多いですが、音量操作が出来ない点やケースから取り出しにくい点は痛いところですかね。音量調節について結構不満の声が多いです。

外音遮断性・音漏れ防止 ・・・ 外の音を遮断するか、音漏れを防止するか
ポジティブな書込
  • 遮音性に優れているおかげで、音楽の世界に浸れる。通勤地下鉄も快適。
  • 無音状態だとホワイトノイズが聞こえるが、音声が流れていると全く気にならない。
  • 機密性が高く、外部のノイズがほぼ聞こえない。
  • イヤーピースで遮音性は自分に合ったものを選べる。
  • 普通の音量かそれよりも少し大きい音量でも殆ど音漏れナシ。
  • 音漏れしないので混雑した中でも、周りに迷惑をかけないという安心感がある。
ネガティブな書込
  • 特になし。

遮音性や音漏れに関しては書き込み自体が少ないですが、これといって低評価は一切なく、全く問題ない印象です。

その他 ・・・ 購入の決め手、サポート、耐久性、など
ポジティブな書込
  • JPRiDEさんは純日本企業ということもあり、痒いとこに手の届く使いやすさ、スタイリッシュさ、そして品質の安定性。素晴らしいの一言。
  • この価格帯なのになかなかの高音質で、コストパフォーマンスは充分。
  • 価格の割に音質やサイズ感、デザイン含めて総合的にバランス良くまとめられた良い製品。
  • バッテリーの持ちがすごい。容量は500mAhで、空から充電して1時間程度で完了。
  • 週一ペースでの充電で良いのが完全ワイヤレス化で一番感動したポイント。
  • iPhoneの純正のイヤホンはベストフィットするという経験からそれに似た形のものを選んだ結果この商品にたどり着いた。
  • 音楽の専門家でなければ、十分な音質を感じれるし、消耗品ということを考えれば、この価格帯が一番手を出しやすい。
  • 質感がいいので今後の防水性や耐久性に期待が持てそう。
  • AirPodsみたいな高いやつより全然安いし、使いやすい。
  • サポート体制がしっかりしている。購入後の丁寧な製品紹介とサポート案内のメールでより安心。
  • 1個目の物は初期不良で、勝手に再生が停止する状況があった為、JPRiDEカスタマーサポートに連絡すると即交換品を送ってもらえた。
  • 故障の連絡の際に具体的内容と注文番号を書いてメールしたら翌日すぐ返信がきたので良対応。
ネガティブな書込
  • サポートのレスポンスが悪すぎ。1次受付はしてくれるが担当者から2日経っても連絡なし。

やはり、日本製というのはとても大きなメリットですね。安心感が違います。バッテリーの持ちもよいようで、ほとんど不満はありませんでした。故障があっても迅速な対応でサポートもしっかりしているようです。極一部、対応が悪いという意見もありましたが。そもそも故障に関する書き込みも少なかったように思います。


最後に

最近のイヤホンは特に音質に強い拘りがなければ、品質も操作性もよく、十分に満足できる商品が増えてきていますね。

実際に購入してみて後悔しないように、信憑性のあるレビュー内容を見極められるか、がポイントになってくると思います。

人それぞれ、その商品に対して気になる観点が違うと思いますので、まずはご自分が譲れない部分に焦点を当て、購入判断を行っていただければと思います。

少しでもすべてのユーザより良き商品を選択できるように尽力していきたいと思います。


快適ライフ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
快 ブログ

コメント